Eric Prog

アクセスカウンタ

zoom RSS もはや条件反射と化しているのか

<<   作成日時 : 2015/01/14 13:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 1


 昨日(1月13日)NHK「クローズアップ現代」を見ていて,coffeeは反応するだろうと思っていたらやっぱり反応しました。しかし,内容に特に見るべきものを感じませんでした。

 coffeeは番組について「予想どおり虚偽や印象操作を頻繁に織り込んだ酷い偏向報道」と言い,次のように「問題点」をまとめています。
●NHKは、韓国における日本人に対するヘイトスピーチについては一切報道しなかった。
●NHKは、在特会が京都の朝鮮学校にヘイトスピーチをしたと放送したが、京都朝鮮学校が京都市の児童公園を約50年間も不法占拠していた事実については一切言及せず、在特会が公園に不法に設置されていた朝礼台やサッカーゴールなどを朝鮮学校に返還しようとしていたことについても一切説明しなかった。
●NHKは、「特別永住資格」のことを「特別永住権」と虚偽表示をしていた。
●NHKは、法務省が「特別永住資格」や「特別永住者制度」のことを【在日特権】と認めるわけがないにもかかわらず、わざわざ法務省に「特権ではない」と嘘を言わせて報道した。
●NHKは、厚労省が在日朝鮮人に対する「生活保護の優遇」を認めるわけがないにもかかわらず、わざわざ厚労省に「優遇の事実はない」と嘘を言わせて報道した。
●NHKは、このままではナチスのユダヤ人大虐殺のようなことが起こりかねないという妄想を用いて悪質な印象操作をした。
●NHKは、このままでは関東大震災の時の朝鮮人殺害のようなことが起こりかねないという妄想を用いて悪質な印象操作をした。
●NHKは、国連の人種差別撤廃委員会による日本への勧告を金科玉条の如く報道したが、実際には国連●●委員会は国連の正式機関ではなく、委員個人の意見に過ぎず、したがって国連●●委員会の勧告には何の権威も強制力もない。
●NHKは、レイシストしばき隊や男組などによる悪質なデモ妨害や暴行事件などについて説明をしなかった。

 今回の番組は「外国人や移民の排斥」からくる「ヘイトスピーチ」が重点にあり,日本国内における「外国人排斥の動き」を取り上げているものです。

 まず「韓国における日本人に対するヘイトスピーチ」は「日本における韓国人に対するヘイトスピーチ」を正当化しないので,報じるかどうかで日本における「ヘイトスピーチ」の評価は変わらないわけです。
 また,coffeeの言う「韓国における日本人に対するヘイトスピーチ」は「外国人や移民排斥」と直接に結びつくものではないので,今回のテーマとは直接関係しないという評価が為されたとも考えられます。
 あと「レイシストしばき隊や男組」も「外国人や移民の排斥」を主張するものではないので,言及しない選択肢もあるでしょう。
 そこをどうとらえるかは視聴者次第なので,これを「偏向報道」と決めつけるのは「言い過ぎ」でしかありません。


 法務省と厚労省が「認めるわけがないにもかかわらず」の部分には,もはや失笑を禁じ得ないのであります。そもそも言っていることが事実なら,「嘘を言わせて報道した」したわけではなく,法務省や厚労省はそれを「特権とは認めていない」のだから,行政上「特権など存在していない」のです。
 それにもかかわらず「嘘を言わせて報道した」と断言してのけるとは,「在日特権の内容やその有無」を決めるのは自分たちであって行政機関ではないと言わんばかりです。この手合いのどこにそのような権限があるのでしょうかね?
 さらにこの場合,このような手合いが問題にするべきは「認めるわけがない」法務省や厚労省であって,恩恵を受けている側ではないのです。
 coffeeのような手合いは,恩恵を受けている人に憎悪を向けているのですが,制度が問題ならば,問題があるのは制度を作っている側であり,制度の恩恵を受けている側ではないということすら理解できていないようです。


 coffeeの言うNHKの「妄想」は,「必ずこうなる」とはしていないので,可能性として考えれば理解できるものではあります。むしろ,法務省や厚労省が「認めるわけがない」ものを「在日特権」と言い放つことの方がよほど「妄想」と言うべきものでしょう。
 このような手合いがどれだけ「虚偽や印象操作を頻繁に織り込」むかも想像できるというものです。


 「京都朝鮮学校が京都市の児童公園を約50年間も不法占拠していた事実」はヘイトスピーチを正当化しません。そして「在特会が公園に不法に設置されていた朝礼台やサッカーゴールなどを朝鮮学校に返還しようとしていたことについても一切説明しなかった」などと言ってみても,coffeeの側も当時在特会が公園の使用許可を得ただけで「私達は正式に公園の使用許可を取得して、「勧進橋児童公園」の「管理権」を持って集会を始めました」などと虚偽の発言をしていたこととかには触れないわけです。
 自分にとって都合の悪いことを隠匿しておきながら,他人の「報道しなかったこと」だけを「偏向報道」と決めつけるのは,それこそ偏向でしょう。


 国連の委員会が勧告しても「何の権威も強制力もない」と言っていますが,このcoffee,すぐ下で「放送法第4条 」の条文を挙げて「日本の放送局は上記にすべて違反している」と言っています。
 coffeeのこの文言,当然「個人の意見に過ぎず、したがって(中略)何の権威も強制力もない」ものですので,まともに取り合う必要はないのです。

 もちろん,このWeblogの文章すべてにそれは言えるので,「個人の意見に過ぎず、したがって(中略)何の権威も強制力もない」のですから,このWeblogの文章自体を放っておけばよいというのが導き出される結論ということになります。何ともお粗末。


参考
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現:NHK偏向報道ヘイトスピーチ特集「クローズアップ現代」・在日特権を否定、虚偽や印象操作を連発
 http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5701.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
NHK偏向報道ヘイトスピーチ特集「クローズアップ現代」・在日特権を否定、虚偽や印象操作を連発
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ ...続きを見る
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の...
2015/01/15 23:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
>制度が問題ならば,問題があるのは制度を作っている側であり,制度の恩恵を受けている側ではない

暴力などによって制度(特権)を獲得しているんだよ!

1950年11月27日、長田区役所襲撃事件
1951年、下里村役場集団恐喝事件
1952年、万来町事件
全国各地で、在日朝鮮人どもが生活保護を要求し、集団で役所を襲撃!


1967年、東京在住の総連商工人、具次龍氏の脱税容疑で、国税当局は氏の取引先である朝銀の前身、同和信用組合に資料の提出をもとめた。
同和信組はこれを拒否した。国税局は強制捜査をおこなうことにした。ところが同和信組はシャッターをおろし捜査を実力で阻止した。国税局は機動隊をともなって、バーナーでシャッターを焼き切り、強制捜査を実施した。
これを契機に総連は、全国の総連系在日朝鮮人多住地域の税務署に「抗議行動」をかけた。各地の税務署で業務妨害が発生した。このとき日本政府は、国家公務員たる税務署員にたいする公務執行妨害でこれを取り締まろうとしなかった。
その後、国税庁と朝鮮商工会との税金に関する「合意」なるものが交わされた。
この具次龍氏の事件以来、総連は気に入らないことが起きると行政官庁やマスメディアなどに「抗議」という名の「暴力」を公然とふるうようになった。
coffee
2015/01/15 23:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
もはや条件反射と化しているのか Eric Prog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる