Eric Prog

アクセスカウンタ

zoom RSS 騒ぎ立てないのが「大人の態度」とは言うものの……

<<   作成日時 : 2014/09/23 20:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

 このような態度は「成熟した国」のものではなく,「おもねる」ものというべきでしょう。
 また,反「反韓」は「媚韓」ではないということも指摘されるべきです。

 韓国・仁川で行われているアジア大会のバドミントン競技において,日本に不利な風が吹いたことについて,いくつか記事が上がっています。

 まあcoffeeの記事はcoffeeらしいと言えばそうで,「不正行為(如何様)」と言い切ってます。
 しかし,隣でインドネシアチームも試合をしていたようで,そこに影響を与えるようなことを故意にやっていたとすれば,それはスポーツ倫理にかかわる問題であり,偶然そうなったのであれば,それは競技場自体がバドミントン競技開催に向いていないという問題であるのです。

 さて,NHKのニュースを見ていて,この2人の発言は少し軽すぎると感じました。
今回の風の問題について、日本バドミントン協会の今井茂満専務理事はNHKの取材に対し、JOC=日本オリンピック委員会に事実関係の報告を行った一方で、抗議する考えはないことを明らかにしました。
今井専務理事は「日本で行われる大会を含めて、どこの競技会場でも風が問題になることが多い。不利な風が吹いたとしてもそれに対処しなければいけないし、対処できる技術を磨いていかないといけない」と冷静に話していました。

 まあ「どこの競技会場でも風が問題になることが多い」のなら「不利な風が吹いたとしてもそれに対処しなければいけないし、対処できる技術を磨いていかないといけない」のは確かなのでしょう。しかし,バドミントンが屋内で行われている理由を考えれば,基本的に風量は低くあるべきですし,このような事態が発生していることは問題とされるべきで,そのことについては,日本が当事者であったかどうかにかかわらず問題提起していく必要があるでしょう。
 そのことから考えると,「抗議しない」というだけでは不足です。これを不問に付すのは,バドミントン競技全体を考える上でプラスになるとは思えません。これは「競技場の風」の問題として何らかの対策が取られるべきことです。


 今井専務理事の発言よりも問題点が多そうなのはこちらの方。テレビで見かけた時ですら違和感の強く残るものでした。
また、スポーツ倫理学が専門で早稲田大学スポーツ科学部学部長の友添秀則さんは「アウェーではいろいろなことが起こりうるということを学ぶよい機会になったのではないか。何が起きたのかは、その場にいた選手たちがいちばんよく分かっていると思う。敗れた日本の選手にとってはつらい経験だと思うが、今後の糧にしてほしい」と話しました。
そのうえで友添さんは、「日本はあまり目くじらを立てず冷静に対処すべきだと思う。東京オリンピックとパラリンピックの開催を控えるなか、日本がスポーツの成熟した国だと知ってもらういい機会にしてほしい」と話していました。

 この人は,そもそものスポーツ倫理が分かっていないのではないかと思います。純粋にスポーツという視点から考えれば,本来はまったく平等の条件で行うべきものなのです。その上で,ホーム側はその会場について知識があるとか観客が声援を送ってくれるから実力を発揮しやすいとかいう理由で有利になるのは自然の流れであり,その裏返しがアウェイの不利さとか「アウェイの洗礼」と呼ばれるものと考えるべきです。

 そもそも「アウェーではいろいろなことが起こりうる」というのは本来あってはならないもので,ホームでも「いろいろなこと」が起こってはならないというのが理想です。
 このような「いろいろなこと」が,ホームアウェイ関係無しに有利不利をもたらすものであれば,「アウェーではいろいろなことが起こりうる」で済ませることもできるかもしれません。
 しかし,今回はその「いろいろなこと」がホーム側にのみ有利に働いたこと,他の試合の関係者でも感じることができるくらい明瞭な変化であったこと,そして手動であったことなど,平等な条件を提供する努力にもかかわらず起こっ(てしまっ)たこととは考えにくい要素があります。

 この人がもう1つ認識違いをしているのではないかと思うのは,「あまり目くじらを立てず冷静に対処」することが「日本がスポーツの成熟した国だと知ってもらういい機会」になると考えていることです。
 現場の人すら奇妙だと感じるような試合環境について,問題提起をしないということは決して「スポーツの成熟した国」のすることではないでしょう。

 私は今回の問題について「あまり目くじらを立てず冷静に対処」することとは,これを日韓関係と絡めて考えることを避け,「バドミントン競技全体の問題」として対処することだと考えます。
 それをせずに「アウェーではいろいろなことが起こりうる」と考えて引き下がることが「スポーツの成熟した国」のすることだとはとうてい思えません。
 そのように問題提起すらしないで引き下がることによって,過去日本が「スポーツの成熟した国」と認識されたことがあったでしょうか。「自分たちが強ければどんな環境でも勝てる」という精神論だけが先走り,スポーツの環境について考えることを放棄する態度が「スポーツの成熟した国」のものだという根拠はどこにあるのでしょうか。


 今回の問題を「負けた」とか「日本が不利益を受けた」とかいうことからだけでなく,バドミントン競技全体のこととして考えていくことこそが「スポーツの成熟した国」の態度なのではないかと思います。

 まあ,そもそもの問題として,友添の言うスポーツの成熟した国」とはどういう国のことなのか理解に苦しむわけです。オリンピック&パラリンピックの開催を控えて「日本がスポーツの成熟した国だと知ってもらう」という文脈ですが,それは単に,主張することが大人気ないことだという似非平和主義をふりかざし,他人の主張を黙って受け入れるのが「大人の態度」という強がりであって,スポーツ倫理上も,バドミントン競技に対しても,進歩を促さない態度でしょう。

 さらに韓国は1988年夏季オリンピック開催,2018年冬季オリンピック開催予定なのですから,すでに「スポーツの成熟した国」であってしかるべきです。
 そうなると「スポーツの成熟した国」(日本)は「スポーツの成熟した国」(韓国)に「あまり目くじらを立てず冷静に対処」するべきだということになるのですが,同時に「スポーツの成熟した国」(韓国)は「スポーツの成熟した国」(日本)に「あまり目くじらを立てず冷静に対処」することはできているかについても問うべきということになるでしょう。


参考
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現:アジア大会バドミントンで不正・「韓国責めず大人の対応」友添秀則の本棚に在日挑戦、姜尚中×佐高信
 http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5585.html
本棚にそのような本があることと発言の内容は本当に関連しているのか?

The Huffington Post:バドミントン日本男子、韓国に敗退 空調「明らかにおかしかった」とコーチ
 http://www.huffingtonpost.jp/2014/09/22/asian-game-badminton-korea_n_5859358.html

NHKニュース:バドミントン会場 「風」巡り混乱(2014年9月29日以降はリンク切れ;coffeeの記事に引用あり
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140922/t10014794731000.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アジア大会バドミントンで不正・「韓国責めず大人の対応」友添秀則の本棚に在日挑戦、姜尚中×佐高信
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ ...続きを見る
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の...
2014/09/24 19:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
「不正行為(如何様)」に決まっているだろうが。
朝鮮人は何でも有りなのさ。
もう少し朝鮮人の道徳の無さ、卑劣さを学習しろよ。
coffee
2014/09/24 19:22
<アジア大会>バドミントン男子の日韓戦で“空調操作”の指摘、中国ネットは「対戦相手をバカにすんなよ」「02年ワールドカップを思い出した」
XINHUA.JP 9月23日(火)20時51分配信

<アジア大会>バドミントン男子の日韓戦で“空調操作”の指摘、中国ネットは「対戦相手をバカにすんなよ」「02年ワールドカップを思い出した」
韓国で開催中の仁川アジア大会で21日に行われたバドミントン男子団体の準々決勝、日本対韓国の試合で、韓国が日本を下して四強入りを果たした。しかしこの試合について日本選手は、試合中に突然、風の向きが変わったと話し、“空調操作”が行われた可能性を指摘している。中国・搜狐体育が22日伝えた。

報道によると、会場内を流れた風の向きは韓国選手の後ろ側からで、シャトルのスピードが上がるため、韓国選手にとって有利となる。同日の試合ではインドネシア選手も同様のことを訴えているという。

日本メディアの報道によれば、日本バドミントン協会は試合中の状況について日本オリンピック委員会(JOC)に報告した。

このニュースが伝わると、中国のインターネット・ユーザーたちから続々とコメントが集まった。一部を拾ってみる。

「韓国人の得意技」
「これが本当に操作していたら、韓国人ってカワイすぎ!」

「こんなの当たり前。韓国人はずっとこういう感じだ。2002年のサッカー・ワールドカップでもこんなずるいマネしたから4強に入れたんだろ?」

「韓国は卑怯、劣等民族だ」
「当たり前だ。韓国人は金メダルのためなら手段を選ばない」
「韓国ってば・・・」

「02年ワールドカップを思い出した」
「分かりやすいな。こんなことするなんて」

「民族の性根の悪さが分かる」
「審判も韓国に有利という作戦」
「対戦相手をバカにすんなよ」
coffee
2014/09/24 19:23
coffee氏
>朝鮮人は何でも有りなのさ。
>もう少し朝鮮人の道徳の無さ、卑劣さを学習しろよ。

 空調で風向風量を自在に制御できるってことは,いくら「劣等民族」とか騒いでみたところで,朝鮮人相当頭いいってことですな。
 で,自分に都合が良かったら「支那人」の言う事も丸呑みすると。
Eric Prost
2014/09/25 11:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
騒ぎ立てないのが「大人の態度」とは言うものの…… Eric Prog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる