Eric Prog

アクセスカウンタ

zoom RSS おそるべきはその「軽さ」か

<<   作成日時 : 2013/03/17 22:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


 安倍ちゃん先日こんなことをおっしゃったそうで。「先の大戦においての総括というのは、日本人自身の手によることではなくて、東京裁判という、言わば連合国側が勝者の判断によって、その断罪がなされたということなんだろうと思う*1」

 これに対する常識的な批判は,JIROの独断的日記の記事(ココログ版の方が見た目がいいのでそちらを引用)があるので,それで事足るでしょう。「理屈はそうなんですけど「敗戦国」から元の地位にもどる前提は「東京裁判」を受け入れることだったのです。」というこのコメント1つで十分でしょう。
 安倍ちゃんがその前提を覆したいのなら,政府が動かなければならないわけですが,同じ口で「歴史に対する評価は専門家に委ねるべきだ。政府が研究を行い意見を述べることは外交問題に発展する可能性もある*2」と言っているので,何が言いたいか分かりません。


 いや,冒頭の発言,内容だけ取れば,その通りなんですよ,それは。そりゃそうでしょう,東京裁判は連合国という戦争の「勝者」の判断によって断罪されたわけですから。
 しかし,それを言い出して何になるというのですか。不当だったとでも言いたいのですか。何を言いたいのかがさっぱり分からない。重要なのはその後なのであって,その認識ではないのですよ。東京裁判が「勝者の判断によって、その断罪がなされたということ」なのは,何の新しさもないわけで,それを今さら言うことに何の意味があるのかという事が重要なのですよ。

 そして,毎日新聞がこれを批判したことを,「アメリカへの告げ口」というように笑ってみせたようですが,それで終わりですか,安倍ちゃん。というか,アメリカに告げ口されたら困るのか困らないのかどっちですか。あ,アメリカに限らないですね,中国でも韓国でも,告げ口されたら困るんですか,困るようなことを言ったんですか
 国会の場でそのようなことを言ったら,別に日本のメディアに告げ口されなくても知れ渡りますよ。まさか,NHKがCCTVと映像を相互提供しているという,このことを知らないわけじゃありますまいに。


 さてもう1つ,安倍ちゃんにはこれを聞いておきたいと思います。日本人だったら「正当な断罪」ができたとお考えで? あるいは第三者が入った断罪なら「正当な断罪」と判断できたのにとお考えで?
 日本は東京裁判で有罪になった人々をすべて釈放してしまったのですよね。それで日本には「戦争犯罪者」がいなくなってしまったと。その結果,戦争に「負けた責任」が誰にあったのかすら分からないまま,「一億総懺悔」のような形でなし崩しになったわけでしょうに。
 そんな日本が,自分たちで「正当な断罪」ができるなんて,かけらも期待できませんし,第三者による断罪があれば「正当な断罪」と思えたかどうかも非常に疑わしい。
 そんな日本では,当然のことながら,先の戦争の反省というものが全く行われていないわけですよ。戦争の反省,負けたんだから当然なぜ負けたのか,何が悪かったのか,どうすれば勝つ事ができたのか,こういうことを,当然政府の人たちを中心に考えていくということでしょうよ。
 でも安倍ちゃん,上でも引用したように,同じ口で「歴史に対する評価は専門家に委ねるべきだ。政府が研究を行い意見を述べることは外交問題に発展する可能性もある」と述べていますね。何ですかこれは,「戦争に負けて戦争犯罪人が勝者によって裁かれたのは納得できない! 同胞である日本人が裁くべきだった! …でも自分たち政府の人間は何もしないよ〜ん」って,どこまで人に丸投げする気ですか。

 あともう1つの問題は,日本が敗者として「勝者の判断によって、その断罪がなされた」ことには文句付けるんですが,それ以前の日本が勝者として「勝者の判断によって、その断罪がなされた」ことについては何も批判しないわけですよ。
 以前の戦争では裁判しなかったから,日本は関係ないとか言う話ではないのですよ,これは。戦争の勝者の判断で当該の戦争の断罪をすることが批判されるのであれば,日清戦争で賠償金とか領土割譲とかを勝ち取ったことも,日露戦争で権益を認めさせたことも,同様に批判されなければならないのですよ。
 でも安倍ちゃんは,それは言わない,ひょっとしたら言えないのかもな,気が回らなくて。自分のおじいさまが戦犯として裁かれた,あの東京裁判のことを批判するので精一杯なのかもなと思う面もあります。

 また,J-CASTには週刊文春からの引用で「「安倍流」情報発信には、党内から軽すぎるとの反発もあるという」と書かれています。孫引きなので,これそのものをどうこう言うわけではないですが,まあそう言いそうな人は自民党の中にいてもおかしくありませんな。
 しかし,安倍ちゃんの場合は,軽すぎるとかそういうの以前に,「軽さを演じている」のかどうかが疑わしいのですけどね。国民に親近感を抱かせるために,「軽い」と思わせるような言動をするのはいいでしょう。しかし,それはあくまでも「演じられる」ものでなくてはならないのですよ。
 政治家が軽くなって政治が軽くなるのは,国家としてはあまりありがたくないと思うのですよ。国家というものは,やはり,動かしがたい存在感というものがなくてはならない,簡単にころころ転がるような軽いものであっては,ありがたみも何もあったものではないですしね。

 安倍ちゃんを見てる限り,どう見てもこの人軽いんですよ,演じているのではなくて本当に。この軽いノリで,TPPとか憲法改正とか原発再稼働とか持っていくおつもりですかね。そうなると,また1つの疑問があるんですよ。日本は軽くなりたいのか重鎮になりたいのかどっちなのか,という根本的な疑問が。


*1 J-CASTニュースの文章から引用
*2毎日jpの文章から引用



参考:
毎日jp:安倍首相:「東京裁判は勝者の断罪」…米から批判の可能性
 http://mainichi.jp/select/news/20130313k0000m010063000c.html

J-CASTニュース:安倍首相、FBで毎日新聞を皮肉る 「印象操作」「トホホな記事」(笑)
 http://www.j-cast.com/2013/03/15169836.html?p=all

JIROの独断的日記ココログ版:「<安倍首相>「東京裁判は勝者の断罪」…米から批判の可能性」←安倍首相はアメリカに潰されるかもしれません。
 http://jiro-dokudan.cocolog-nifty.com/jiro/2013/03/post-3603.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おそるべきはその「軽さ」か Eric Prog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる