Eric Prog

アクセスカウンタ

zoom RSS 対象を晒し者にする

<<   作成日時 : 2009/05/31 10:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 情報が目的外のことに使われるのはよくあることですが,雇用者に出した履歴書が外部に流されるとしたら,その会社を信用できるかどうか,大きな問題ではないかと思います。
 中央大学の教授が刺殺された事件で逮捕された被疑者が,(おそらくバイト先に)出した履歴書がTVで公開されましたが,これを見て私は大きな疑問を覚えざるを得ませんでした。

 そもそも履歴書は,当人の身上を雇用者に対して明らかにするものですが,それ以上のものではありません。さらに,その情報は従業員(あるいはその候補者)の個人情報を多分に含むものであり,顧客の個人情報同様厳重に管理されるべきものです。
 しかるにこの企業(と推定されます)は,以前自社に履歴書を提出した者が「被疑者になった」(この時点では「推定無罪」である)というただそれだけの理由で,該当者の履歴書をメディアに公開し,晒し者にしたのです。
 この企業は履歴書を公開することが社会貢献の一環だと考えたのかも知れませんが,このケースでも被疑者はすでに逮捕されており,この情報が被疑者の確保に繋がるものでないことは明らかです。つまりこの企業は,全くの興味本位で個人情報を公開したと言わざるを得ないのです。

 被疑者の履歴書をメディアに公開したこの企業の情報管理は,非常に甘いものであると判断せざるを得ません。何かきっかけがあれば簡単に個人情報を公開するこのような企業に,我々は個人情報を預けるほどの信用を置くことが果たしてできるのでしょうか



 5/31(日)の朝日新聞で,新型インフルエンザの感染者が多数確認されたある高校の話題として,感染した生徒および職員がどこに何人居住しているかが,鉄道の簡易路線図を使って示されていました。
 別の図では御丁寧にも,あるクラスでどこの席の生徒が何日に(orから)欠席したかということを示していました。この図によって,感染が教室内で広がったことを示そうとしたようですが,同心円を描いていないこの図では,感染が複数の源から広がっていることが推測されますが,情報量が絶対的に不足した描き方をしているため,はっきり言って何も分かりません。
 朝日新聞は明日から授業が再開されるこの高校に温かい眼差しを向けているような記事の書き方をしていますが,このようなものを見せられると,本質ではこの高校を晒し者にしたいのだと思わざるを得ないのです。


 この高校も感染者が確認されたことによってバッシングを受けていると聞きますが,一方でそれを憂うようなことを言っておきながら,もう一方ではそれを煽るような記事を書いているというのが,メディアの現状ではないでしょうか。だとするならば,バッシングに関する記事はメディアのマッチポンプに過ぎないのです。
 「マスク狂騒曲」もそうでしたが,メディアは最初はそれを煽るようなことを言い,ある程度それが広がると,今度はそれを抑制するような方向に向かいます。このようなマッチポンプで受け手の興味を繋ごうとしているのです,何とも下らないことに。



 メディアは,特に大手になればなるほど,種々の情報提供を受ける立場にありますが,いくら視聴率or販売部数競争が激しいと言っても,得た情報が本来得られるべき情報であるかどうか,またその情報を提供される受け手(audience)がその情報をどのように活用することを望むのか,こういったことを精査してから発信して貰いたいものです。
 発信される情報が,単に興味を引くだけのものであったり,結局の所何も分からないという結論しか出ないものであったり,さらには情報管理の倫理上問題のあるものであったりすると,それを発信したメディアの信頼性そのものが揺らぐことに,もうそろそろ自身で気付いても良いのではないでしょうか。

 今回の疑問は,以下の2点となるでしょうか。
 1. 被疑者だからといって,当該人物の個人情報を簡単に公開する企業に,果たして個人情報を預けられる程の信用を置けるのか。
 2. 新型インフルエンザの感染者は犯罪者ではないのに,晒し者にすることが果たして妥当なのか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
対象を晒し者にする Eric Prog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる