Eric Prog

アクセスカウンタ

zoom RSS 真のKYと呼ぶべき?

<<   作成日時 : 2009/04/11 10:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 第67期名人戦7番勝負(羽生善治対郷田真隆)が4/9に始まったのですが、2日目の朝にある「事件」が起こっていたようです。


毎日jp:「将棋:観戦記者が羽生名人にサイン求める 名人戦対局中」
 http://mainichi.jp/enta/shougi/news/20090411k0000m040108000c.html
asahi.com:「朝日新聞社依頼の観戦記者、名人戦対局中にサイン求める」
 http://www.asahi.com/culture/update/0410/TKY200904100319.html
MSN産経ニュース:「対局中の羽生名人に朝日委託記者がサイン求める」
 http://sankei.jp.msn.com/culture/shogi/090410/shg0904102141001-n1.htm
YOMIURI ONLINE:「羽生名人の長考中、朝日委託の記者が扇子にサイン求める」
 http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20090410-OYT1T00991.htm

 産経ではやや詳しく書かれており,この「事件」が起こったのがNHK-BSで生中継されている時間帯で,全国に(衛星電波が届く範囲ということは近隣諸国にも)この様子が流れたということです。
 羽生さんはサインに応じ,郷田さんは様子を見守っていたらしいですが,読売によれば「羽生名人は「突然だったのでとまどったが、10秒、20秒のことなので気にならなかった」と冷静に振り返った」とのこと。場慣れしている羽生さんだから気にならなかったのか,それとも親しい関係のこの記者に配慮したのか,どちらにしても冷静な対応です。


 …何と言いますかね,対局時の「環境」については,棋士はともかく,周りがかなり気を遣うものなのだと私は思っているので,観戦記者が対局中の棋士にサインを求めるという事態そのものが信じられないのですがね。いくら親しい間柄と言っても,いや親しいからこそ,「相手の手番だと思った」としても,対局中にサインを求めるのは止めて頂きたかったと思います。
 最近何でもかんでも(正当な反論であっても)KYと言われているような気がしますが,このような行動にこそKYという語が相応するのかも知れません。

 私は,7年前に小倉城庭園を見に行った時,ちょうどそこで囲碁の棋聖戦の対局があって,対局場の人が「対局中の棋士の集中を削ぐようなことは何一つとしてさせないようにしなければ」という感じでピリピリした雰囲気だったのを覚えています。

 こういった気配りが,対局中の張り詰めた空気を作り出しているのでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
親しい間柄だったら尚更、しないと思う。
taka
2009/04/11 10:49
>takaさん
「親しき仲にも礼儀あり」ですかね。
Eric Prost
2009/04/12 22:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
真のKYと呼ぶべき? Eric Prog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる