Eric Prog

アクセスカウンタ

zoom RSS どっちもどっちだな

<<   作成日時 : 2006/11/20 00:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

 (今回はかなり過激な言葉遣いになっているかも知れません)
 「はくぶんしばく」と言っていた人がいるので,何事かと思ってニュースを読んでみました。
 …なるほど,下村博文は愚者だが,それを批判した高市早苗も愚者だ。

 下村は,0歳児保育の待機児童を減らすには「母親が仕事せずに」(「無理に」という副詞を付けているのがまた嫌らしい)子が1歳位になるまでは家に籠もれと言っている訳だ。そりゃ母親がべったりとくっついてくれれば子供にとってこれほどありがたいことはない…のだろう。でもそれによって母親は1年位の間「子の呪縛」を受けさせられるわけだな。理由は後で述べるけれども,子を産む女性が減るのも道理だな。
 父親はどうなのかと思ってみると,下村は特に何も言っていないようだが,ネット上の意見を見ると,この時期「父親は母乳出せないから育児できない」(原文はここ)らしい,…は? 母乳が出なけりゃ子育てできないのか? そもそも子育てを母親に押し付けるようにしていることが問題になっているということが分からんのか? まあ,これは高市に対する批判とセットにするべきだろうが。

 そもそも「子育ては家でやるもの」とか「子育ては保育園でよい」とか,どれが正解かということを性急に求めすぎだ。子育てを家でやることが「正解」だとしても,「問題児」の発生の原因が実は「保育園に子を預けること」にはないという状況をどう見るのだ?
 「赤ちゃんの時に母親から直接愛育されずに育った子はどうなるのだろうか?現在頻発している子どもが起こす種々の問題がさらにスカレートして行くように思えてならない」(原文のまま)なんて意見があるが,…は?
 保育園にも幼稚園にも行っていない,家で囲い込まれている子にだって「問題な」状況は存在している。保育園、幼稚園を経る子がおしなべて不良なわけではない(当たり前だ!)。
 そしてだ,母親の置かれている状況も色々あるのに,「子育ての理想型はこれです」と規定してしまうことが如何に愚かなことかが分かっていないのだ。…少なくとも「1歳位まで」子と母親がべったりくっついていれば万事OK,とならないことくらいはすぐに分かるだろう。
 核家族化以前は母親以外にも子育てをする人がいたから問題にならなかったことが,核家族化以降問題になってきているのだ。「子は家で育てるもの」という大前提そのものにメスを入れる時期が来ているのではないだろうか,…と思う。
 さらに,0歳の頃から子を保育園に預けることが,なぜ「直接愛育され」ないことになるのだ? 保育園は24時間預かってくれるわけではない,家に帰れば子育てするのは親なのだ。親が「直接」子供と「触れ合う」時間が減ることすら許さないのか? それなら核家族化以前の親はほぼ失格だな。まあ例え母親が家庭に籠もっていても,祖父にお守りをしてもらって赤ちゃん用品の買い物に2時間行っていた母親が,帰宅後子の「凄まじい恨み顔」を見る羽目になった事例だってあるのだから,家に籠もればよいと言うものではないだろう。
 下村博文はしばかれろ,徹底的にしばかれろ,多少ショックを与えないことには年食ったこの愚者は「啓蒙」されまい。

 高市も高市だ。「歯を食いしばって働く母親」を擁護したつもりだろうが,現在の労働が完全に「フルタイム働ける男」を中心に考えられているから「歯を食いしばって働く」ことになってしまうということに目を向けられていない。
 先に挙げた「大前提」に加え,「正社員=フルタイム」の呪縛から逃れる必要もあるのだ。まあ,労働者切り捨て、資本家擁護に走った小泉政権を受け継ぐ安倍政権に属する高市にそれを期待するのは酷なんだが。
 「正社員=フルタイム」であり,「育児に重きを置くべき」母親はフルタイム働けないから,「育児で活躍できない」父親がフルタイムで働いて家庭を支える,だから母親は育児に専念しろと言うことのどこが悪い?って簡単に言ってのけられる愚者どもを駆逐しなければならないのだ。

 それから,高市を弁護するつもりはないけれども,異常なまでの「現場主義」にこだわる愚かさをどうにかしろ。「経験できない無知なる者」よりも「経験(できるのに)しなかった愚者」の方が性質が悪いのだ。「親」であって親でなかった愚者どもが,親になったことのない高市や安倍よりもものを語る資格に富んでいるとは思えん。

 そして,最後に言っておくけれども,「私はフェミニストではない!」 愚者が嫌いなだけだ。


 本文に引用しなかったけれども,書くのに参考にしたweblog
 このweblog位に論理破綻していると面白い。「子供に親が必要」と言っておきながら「できれば3歳までは母親と共に居るべきなのに0歳から見捨てるとは情けない」ときたもんだ。結局母親に押し付けたいわけね。それでさ,「父親」は「親」じゃないのかねえ。
 このweblogも悪癖から逃れられていない。「やはり子供がある程度大きくなるまでは、やっぱり母親に育てて欲しい」とか「父親としての自分の肩の荷が増えるのは重々覚悟の上」とか,何言ってるんだ。お前も子育て手伝うんだよ!!! そして「母親まで仕事にでて、子供の養育を外にまかせっぱなしなのはちょっと・・・・」なんて言いよる。0歳児から保育所に預けたところで「外にまかせっぱなし」な訳ないのくらい分からんか? 己は子育てせん(つもりの)くせに子の養育は家でなどという自分勝手を抜かすな。お前の肩の荷は「子育て+稼ぐ」という二重のものだということが分かっているのか! …と思ったら,しっかり突っ込まれとるな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[育児][政治]しばいてさんきゅー
「はくぶんしばく一件」ですが、私がもたもたしている間に、 言いたいことをしっかり書いてくださった方が。 http://ericprost.at.webry.info/200611/article_3.html そうなんですよ、はくぶんしばくだけでは不十分で、 高市早苗の発言の方にも、いっぱい問題がある。 それ ...続きを見る
まりにっき
2006/11/28 23:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
どっちもどっちだな Eric Prog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる