Eric Prog

アクセスカウンタ

zoom RSS 人のことを言えたものか

<<   作成日時 : 2006/09/21 14:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 9/21付朝日新聞朝刊にタイで発生したクーデターについての社説が載っています。

 「タイの挫折を嘆く」という見出しで,クーデターを「民主化の挫折」としています。
 ですが,なぜ軍部がクーデターを起こすに至ったのか,軍部はこの後どうしようとしているのかをどのくらい精査したのでしょうか。軍部だから民主政治を補佐することもできない根拠は何でしょうか。今回のケースも,今後何が行われるかによってクーデターの価値が決まるのであり,いきなり「クーデター=挫折」と言ってしまうのは飛躍でしょう。
 また,「民主主義をしっかりしたものにするために多くの人が汗を流してきた」のに「今回のクーデターで一挙に突き崩された」というのも,民主主義絶対主義のような考え方で,客観性を欠いています。
 
 「軍部によるクーデター」と聞いただけで思考停止、単純思考に陥っているのがよく分かります。「クーデターは容認できない」が「軍部の批判は的はずれではない」というのは,軍部以外なら言っても良いが…と言っているようにも聞こえます。

 「民主主義」ならば何でもよくて,「軍部」ならば何でも間違いというような二項対立は,いい加減止めにして欲しいものです。

 …相変わらず,なのか,またしても,なのか。「時計の針が十数年も巻き戻された」のはどっちでしょうかね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人のことを言えたものか Eric Prog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる