Eric Prog

アクセスカウンタ

zoom RSS 相変わらず無能なF1のスチュワード

<<   作成日時 : 2005/10/10 08:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2005年F1日本GPの後の裁定で,F1のスチュワードが相変わらず無能であることが明らかになった。

 1周目最終コーナーでのJ.ビルヌーブとJ−P.モントーヤの事故(モントーヤがリタイヤ)と10周目シケインでのJ.トゥルーリと佐藤琢磨の接触(トゥルーリがリタイヤ)に対して,ビルヌーブにタイム加算25秒,佐藤に失格の裁定が下った。
 さて,佐藤はベルギーGPでM.シューマッハと接触し,「次のGP10グリッド降格」処分を受けている。その処分も疑問であるが,今回の「失格」裁定はそれが前提条件となっていたのかも知れない。
 さて,事故の状況をTVで見る限り,この2件はどちらも「レーシング・アクシデント」の範疇に入るものであり,誰かがペナルティを課せられるようなものではないと思われる。
 どちらの事故も同一周回同士で,他のマシンを巻き込むような悪質さがあるわけでも無い。特にビルヌーブとモントーヤの事故などは,モントーヤが無理に仕掛けた為に起こったものとも言えそうなものである。トゥルーリと佐藤の事故とて,佐藤がシケインの飛び込みにオーバースピードで入ったと言うくらいのもので,明確にトゥルーリを弾き出そうという意図があったとは認められない。
 「この程度の事故」でペナルティが課せられるのなら,RenaultやMcLarenのように,他のマシンより1周2秒3秒速いマシンしかバトルを仕掛けられないと言うことになる(それくらいペースが違わないと「安全に」抜き去ることはできない:日本GPでのRenault対Ferrari,McLaren対Ferrari,K.ライコネン対G.フィジケラ等が例となろう)。「バトルを増やす」為にマシンの平準化(コスト削減)を図ったり,コーナースピードの低下を図ったりしているが,あまりにも「安全重視」に傾いて「レースとはそもそも危険を伴うものである」という前提が忘れ去られようとしているのではないかと思ってしまう。
 そもそもレーサーが高い報酬を得られ,普通の保険に入れないのは,「命を賭けている」からである。レースの安全性だけを主張し,命を賭けないレーサーに高い金を払う必要など無いのだ。ひょっとすると,F1レーサーというのは,建設現場の高所作業員よりも安全な職業に成りつつあるのかも知れない。佐藤琢磨、J−P.モントーヤ、J.ビルヌーブ等バンカラ系が「過去の遺産」となる前にF1の危険な部分を見直す(改善すると言うだけではなく,その存在に注意を払う)ことが必要である。スチュワードによって引かれたレールの上を忠実に走るレーサーだけのレースなど,我々は必要としていない。

インディアナポリスを忘れたのか!
ファンは何を見たいと思っているのか分かっているのか!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
相変わらず無能なF1のスチュワード Eric Prog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる