Eric Prog

アクセスカウンタ

zoom RSS 葬式と宗教

<<   作成日時 : 2004/07/28 00:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

 26日に親戚が1人亡くなりました。
 同じ市内に住んでいて,家族ぐるみの付き合い(親戚だから当然ですわな)で,私の小さいときからかわいがってくれた人でした。
 カラオケが上手くて,詩吟の師範(生徒が何人もいたようで)という多才な人で,定年後は悠々自適に暮らしてたんですが,ここ1年程は病気で入退院の繰り返し,…早かったなあと思います。

 …それはそれとして,葬式の始まる前に式場に流れていた歌をよく聴いてみると…,歌ってるの故人じゃないですか! 詩を吟じているのも入っているし,なかなか良い演出でしたね。

 また,この親戚の宗教により,葬式が「PL葬」(ちなみにPLはあの「PL学園」のPLです…って逆ですな)。
 私はPL教信者ではありませんから,PLのお祈りの方法は全く分かりません。それでも,「PL方式が分からない人は自分なりのお祈りの方法でどうぞ」と言われたので,…ええ勝手にやらさせてもらいましたとも。

 で,PL葬に出てみて思ったのは…,「神道をキリスト教の音楽を使ってやってるみたい」。
 祭文を読む人の姿を見ると…,教会にこんな感じの服の人いるような…。
 祭文の文章の感じは…,祝詞にこんな感じの文章あったよな…。
 流れる音楽を聴いてみると,…パイプオルガン?

 …世の中の宗教,不思議に満ちてます(って,結論がこれか?)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
PLってどんな宗教なんですかね?私、ほとんど知識ありません…。幸福の科学も、ほとんど聖書の引用ですよね…。それと仏教の…いいとこどりっていうかミックスっていうか…。
ま、どの宗教とかに固執せず、自分の中に信念を持っていればいいと思うんですがね。私は…。
神とか仏とか…そういうのって、別の物体と考えず、自分の心の中にある、或いは自然(宇宙)の中の「真理」を言うのではないかと、私は勝手に解釈しています。
だから、こうしないと地獄に堕ちるだとか、こうしないとバチがあたるだとか、恐怖めいたことを言って個人の気持ちを縛るより、本人の「倫理」と「美学」で、十分成り立つものだと思っているのですがね。
という私は、高校はミッションスクールでした。(おかげでそのように考えられるようになったのかもしれませんが…) 何かにすがって生きるのは、苦手です。因果応報…結局自分の人生には理由があるのだ、と…。
Kelly
2004/07/28 11:57
私のブログ(「車と男」)が、すごいことになってしまいました。
こうも車が好きな人が多いとは…(笑)。 もし、興味(車の議論)にがあったら覗いてみてください。なんならコメントも…。 すぐに食いついてくる輩がいますから…(笑)
Kelly
2004/07/28 12:01
私も高校はキリスト教でしたね。
そのせいで家の周りの教会がどこの教団か見る癖が付いたんですが,…教団が多すぎてよく分かりません。学校の行事で行った教会がどこの教団かは覚えているんですけどね。
仏教は仏教で,どの宗派の寺かなんてま〜ったく分かりません(笑)

…宗教は人の生活を豊かにするものであって,その人の生活を縛る(ましてや,他人の生活を縛る)ものではないのですけどね。
宗教が絡む問題は複雑になりがちです。その人のアイデンティティに関わるからなのでしょうが,「あんたと私は違う」んだ!
Eric Prost
2004/07/29 11:16
私ね、そういえばなぜか「創価学会」の人に、よくつきまとわれてしまうのです。何故なんでしょう?
もちろん、始めは学会の人間だなんて微塵も口には出さないんですけどね…。 学生時代の友人とか、仕事関係の人とか…近所の人とか… 一番驚いたのは… 神戸に出張に行ったとき。同僚と屋台でつぶ貝を食べながら飲んでいたとき…。隣に座ったおばさんが、なぜか私に声をかけてきて、いろいろ話し込むんです。同僚が「もう行こうぜ…」と言っても、そのおばさんなかなか解放してくれず…。翌日仕事を終え、少し三宮の町を歩いていたら、向こうから昨日のおばさんが…。 「あら!あなた!」と、声をかけられ、「家、この近所だからちょっと来て!」と無理やり私を連れていくのです。(時間がないから…と言って断るのに…結構強引…) そうしたら、なんだかお菓子を2袋もくれて…。それだけのために、家まで呼ばれたんですが。その人も創価学会の人でした。前夜、学会に入って、自分がどれだけ救われたかってことを何時間も聞かされてしまった…
Kelly
2004/07/30 09:53
友人も仕事関係の人も、私はずっと彼らが学会の人だとはしらなくて・・・。それが、あるとき彼らは打ち明けるのです。(まあ、私は個人の自由ですから、それはそれでいいと思っているのですが…)
彼らの共通点は、ものすごく大きな勘違いをしてしまう!ということ。 私が、彼らの仲間になっている、或いは、仲間になることを疑わないってことなんです。
そして宗教に対しての議論になると… 人が変わったように攻撃的になり、論理はまったくなくなってしまいます。でもって、最後は「一番やっかいなのは、アンタのような人間だ!わかったような顔をして、全然わかってないくせに、理論だけで語るヤツ!」などと捨て台詞を吐かれます。
「なんだ、コイツ!」と思って、一瞬にして感情が冷めてしまう瞬間ですが…。 何か創価学会が寄ってくるようなフェロモンでも出しているのかしらね?私ったら…。(・・?
Kelly
2004/07/30 09:59
フェロモン出していなくても創価学会は寄ってきますよ(笑)
私は「創価学会の敵」(創価学会を破門した側=日蓮正宗)の人から1時間程講義されたことがあります。
何か色々(信教の自由があると言うことから,日蓮正宗でないと煉獄に落ちるとか)言ってたんですが,…私の「信教の自由」はどうなってるの?
…しかも,その講義した人は半年後には正宗辞めてるし(……)
まあどの宗教でもそうなのですが,日蓮正宗や創価学会の攻撃性はよく分かりますね。日蓮から繋がる伝統なのですよ,あれは(笑)
「法華経」を知る人もいれば,「ホーホケキョ」しか知らない人もいると。そう思えば良いんじゃないですか?(ちょっと突っ込みすぎ)

…そう言えば,いとこの旦那が創価学会だったな…。「ホーホケキョ」じゃないことを祈りましょう。
Eric Prost
2004/07/31 08:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
葬式と宗教 Eric Prog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる