Eric Prog

アクセスカウンタ

zoom RSS 「男と女の友情 Part2」について

<<   作成日時 : 2004/06/20 11:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

男と女の友情 Part2」について
 Kelly様,その洞察の深さには恐れ入ります。

 以前,「男と女の友情」について,「成立すると思っている人は相手次第,成立しないと思っている人は自分次第」と書きました。
 それを図示すると,
成立する,もしくは成立すると思う:○,成立しない,もしくは成立しないと思う:×
   自分  相手  結果
1.  ○    ○    ○
2.  ○    ×    ×
3.  ×    ○    ×
4.  ×    ×    ×
こうなる訳で,自分が「成立する」と思っている場合,相手が「成立する」と思ってくれれば成立する(1.)んですな。なので「相手次第」。
 逆に,自分が「成立しない」と思っている場合,相手が「成立する」と思っていても成立しない(3.)ですね。なので「自分次第」。
 …と言うことです(4.の場合は完全に見込み無しと言うことで)。
 また,「異性次第」と言う考えの方は2.を多く経験しておられるのではないかと…。

 で,皆様の意見を見ていて思ったのは,「男は女の隙をうかがう生き物である(少なくともそう思われている)」という事です。まあ,本能から言えばそう言われてもっともでしょう。しかし,それ(Kelly様の言葉を借りれば「抱きたい気持ち」)があっても表面に出さないのが「人間」だと思うのですが…。
 ただ,私の場合,「恋愛感情を抑えてる」と言うよりは「恋愛感情そのものがない」事が多いのですがね(それは無意識的に抑えているということなのでしょうか?)。

 余談ですが,男女の友情が成立しても,継続するためには,もう一つ条件があることを忘れていました。
 各人の相方(…これでは漫才ですな。パートナーですね)がそれを認めてくれることが必須条件です。当人同士が友情だと思っていても,各人の相方がそれを「浮気」と思うことはあり得ますから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
VACANCY!
「「男と女の友情 Part2」について」について Ericさま。 ...続きを見る
Kelly@WebryBlog
2004/07/22 10:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「男と女の友情 Part2」について Eric Prog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる